介護老人保健施設 いっぷく 外観

介護老人保健施設 いっぷく

ごあいさつ

介護老人保健施設《いっぷく》は《訪問看護ステーションとんぼ》《じろう歯科診療所》を併設し、
景勝地八木ヶ鼻や粟ヶ岳、守門岳、五十嵐川など自然の懐に抱かれた恵まれた施設です。

介護老人保健施設とは、症状が安定しており病院に入院し治療する必要はないが、家庭で生活するには体力的にも日常生活の上からも看護や介護が必要な方に対して、出来るだけ家庭生活に近い環境でリハビリテーションや機能回復などのお手伝いをさせていただく施設です。

現在、個人も社会も〈いかに老いるか〉が問われています。老いるというよりも〈おだやかな晩年〉〈少しでも豊かな人生をいかにして切り開くか〉ということだと思われます。

介護する世代が介護される世代に大移動していく、それはけっして灰色な光景ではありません。灰色に見えるのは、あまりにも生産を重視し生活を置き去りにし、人口構成の激変に社会のシステム作りがないがしろにされてきたせいではないでしょうか。

今まで介護の問題は家族の問題として一元的にとらえられ、そのほとんどが家族におしつけられてきました。この問題を社会の責任とし、《いっぷく》はご利用者の立場に立ち、人間性を尊重し公平できめの細かいサービスを心がけ、明るく家庭的な雰囲気で日常生活能力の回復に誠心誠意支援し、社会・家庭への復帰のお手伝いをさせていただきます。

医療法人社団しただ 理事長 北澤 幹男
介護老人保健施設いっぷく 施設長 早川 蓁之助

私たちにできること、そして目指すカタチ

私たちは地域の方々が安心して最期まで住み慣れた地域・場所で生活できるように支援したいと考えます。
そのためにはご本人・ご家族とお話をさせて頂き、最良な方法をご提案させて頂きます。
また、ご自宅へ帰ってからの困りごとなどあれば、訪問看護ステーションとんぼをはじめとするグループ内の各事業所とともに連携し、サポートいたします。
私たちは、ご本人とご家族の思いを聴き、寄り添う気持ちを大切にしています。

スタッフに白衣はないの?

医療法人社団しただでは白衣はもとより「制服」というものを特に定めていません。
(一部業務上必要な職種には貸与しています)
それは施設ご利用者がご家庭で過ごされる時と可能な限り同じ雰囲気にしたいのです。
制服や白衣は家庭には一般的にあまり存在せず、非日常ですよね。
家庭的な雰囲気で居心地の良い場所作りを心がけています。ご理解のほどお願いします。

開設年月日 平成11年7月5日
敷地面積 6,518.79m2
延べ床面積 4,357.45m2
利用定員 100人(短期入所を含む)
居室 35室(4人部屋21室、2人部屋2室、個室12室)

主な施設・設備

3F2F
  • ・療養室
  • ・食堂
  • ・一般浴槽
  • ・家庭浴槽
  • ・特殊浴槽
  • ・談話スペース
1F
  • ・診察室
  • ・相談室
  • ・機能訓練室
  • ・理美容室
  • ・厨房
  • ・デイルーム
介護老人保健施設 いっぷく
0256-41-3810
0256-47-2801
〒955-0132
新潟県三条市長野337番地